血液浄化治療法について

血液浄化:血液浄化療法とは、体外循環操作を利用して血液を体外に導き出し、
                                  物理・化学・生物学的などの種々の原理を応用して病因(関連)物資を除去する医療行為である。

血漿浄化:血漿交換と血漿吸着を合わせたもの、共通するのは、
                  主に膜(濾過)型血漿分離器によって全血から分離した血漿成分を浄化処理することである。

血漿吸着血漿交換から進歩した技術であり、病因物質である大分子血漿成分を特異的・選択的に除去する方法として開発された。
                  全血から分離した血漿を吸着材に灌流させる。
                  血漿分離操作を必要とするため操作が煩雑であるが、吸着材が血球と接触することによる副作用は回避される。

免疫吸着物質間相互の親和性(affinity)を利用して、血漿中の病因物質としての抗原あるいは抗体をより選択的に効率よく除去する血漿吸着療法。
                  血漿交換と比較して血漿製剤が不要で、病因物質を選択的に除去できる点で有利である。
                  免疫吸着材には生物学的吸着材と非生物学的吸着材があるが、生物材料を利用した免疫吸着は、特異性や選択性に最も優れた吸着方法である。

生物学的免疫吸着材:抗原抗体反応などの特異的な反応で、目的物質をより選択的に、より効率よく除去可能であるが、
                                     生物学的活性物質がリガンドであるため、安定性、安全性に問題がある。

非生物学的免疫吸着材:低分子化合物や合成物質をリガンドに用いたもので、静電気的相互作用、
                                         疎水的相互作用などの物理化学的相互作用を利用する。

                                         特異性は生物学的免疫吸着材にやや劣るが、リガンドの安定性が高く、滅菌も容易である。

細胞吸着流血中のリンパ球・顆粒球を吸着除去する浄化法。
                  血液中の液性成分から病因関連物質を除去することを目標として、
                  体外環境での処理により免疫能を変革する方法は、体外免疫調節という概念でまとめられる

免疫と関係ない体外吸着直接血液吸着で用いられる活性炭、あるいはエンドトキシンやβーミクログロブリンの吸着材、
                                            血漿吸着で持ちいられる低比重リポタンパク(LDL)やビリルビン、胆汁酸の吸着材など免疫現象に関係のない吸着材。

サイタフェレシス療法:全血液から血球成分を除去する治療であり、遠心分離法を用いる方法と吸着材をもちいる方法がある。
                                        吸着をもちいる方法には白血球除去療法と顆粒球・単球除去療法がある。

 

 

Copyright © 2002-2020. ジャパン・ヘモテック株式会社